忍者ブログ
グループSNEのオリジナルTRPG「デモンパラサイト」、そして新作「パラサイトブラッド」についてのあれこれ。
36 35 34 33 32 31 30 29 28 27 26
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ロクロウくん、語る・その3  書いた人:ロクロウのプレイヤー


 最初は、このリプレイは、未熟なASSドライバーの成長物語なんじゃないのー、ロクロウは、そのための糧ですよー、とか言っていたのですが。
 とか言いながら、いろいろと設定をしこんでおりましたので。
 本編では、なかなかに美味しい立ち位置をいただきまして、ありがたいことでした。
 Sなイメージなのですがプレイ的にはむしろ「飄々と」という言葉が似合うまつりさんといい、ハードボイルドを貫く武藤のおっさんといい、いっしょに遊んでいて、小説の一本もでっちあげたくなるキャラたちでした。
 というわけで、非常に楽しく遊ばせてもらったので、しばらくして、続編がプレイできるって聞いた時は、よっしゃあ! って感じでした。

 以下、ほんのわずかですがネタバレします。








 

 なにせ、あこがれの8レベルに到達できます!
 そこか!
 そこですとも。

 何故、8レベルがあこがれなのか。
 なんと! ミュータントだけは、そこで四つ目めの共生武装が手に入るからです!
 本来の悪魔寄生体のようにデュアルパラサイトのできないミュータントですが、それに代わる、いえそれ以上の能力拡大をもたらしてくれる、それが「最大で四つの共生武装を獲得できる」というこの特性。
 起動した瞬間、何もしてないのにエナジーが12点も減るバカバカしさ(笑)。

 他にも、ちょっと定石と違う成長をしてみたり。
 もちろん、他のPCたちも、それぞれに強くなって、さらに互いを補いあうことが可能になってます。サイボーグとASSは、幅広く特殊能力が獲得できますし、悪魔憑きも8レベルになると、いろいろ成長の選択肢がありますからね。
 そして、最終能力もさらに強力に!
 なんかもう、仮想したコンビネーション技が成功すると、敵全体に100点くらいダメージいくよ、みたいな(かなりサバ読んでます)。
 最初の戦闘や次の戦闘とか、もう!

「わはははは、こんなに強くていいのか、わしら」
「力がすべてのこの島こそ、オレたちのために用意された約束の地」

 とか、そんな勢い。

 あ、今回の続編は、悪魔憑きがその本性をあらわしたまま、生きていられる唯一の場所「ヘルオンアース」が舞台なんですよ。
 もう、闇に隠れてコンビニ弁当をあさらなくても、堂々と買い物できるのです、ムリに変身しなくても!
 でも、ホームレス中学生が、じつは性格にあってるロクロウだったりしたんですが。

 今回はロクロウくんの前にも、新たなヒロインが登場してくれてですね。
 前回は「社会からはぐれた、モンスターと人の狭間」とか「復讐と人の優しさの間で揺れる心」とか、そういうところを演じたいなーとか思っていたわけですが(できてたかどうかは読者のみなさんにおまかせー)、今回は、なんというか。

 思春期大爆発
 みたいな?

 といっても、なんせ舞台が舞台なので(笑)。
 でも、がんばったですよ?
 し~か~し。
 調子ぶっこいていた我々の前に、あらわれる強敵。ぶほ! GM、それはない。それはないわああああ。

「死にます、もうすぐ死にます」
「……ははは、もうあかん。自我がへずれる~(削れるの大阪下町方言)」
「ちょ、まてや。その属性だけはあかん言うたやろ」
「次のターンは生きていれば、なんとかなる可能性はあります。出目次第で」

 という阿鼻叫喚の地獄絵図。
 あんだけ、ギリギリの楽しい戦闘は、ちょっと久しぶりだったかもしれません。
 し~か~も。
 1回だけじゃねええええっ??

 というわけで、ラストでは9レベルPCによる、高レベルバトルが繰り広げられます。
 一手間違うとどうなるか。
 つかなあ……間違ったなあ……あれは……。

 暗黒の島での、スレスレ限界バトル。
 もっぺん遊びてえ、と叫びたくなる楽しさを、共有してもらえると嬉しいです。
 GM、がんばってリプレイ書いてますので!

PR
TRACKBACK
TRACKBACK URL
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]
"グループSNE" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.