忍者ブログ
グループSNEのオリジナルTRPG「デモンパラサイト」、そして新作「パラサイトブラッド」についてのあれこれ。
69 68 67 66 65 64 63 62 61 60 59
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 上級ルールブックに関しては、本当に語るべき要素が多い。
 もうたっぷりと内容が詰まっている証拠だね! と自画自賛(笑)。

 さて、そんな上級ルールブックだけれども。
 今回は完全なる新要素、「シードエフェクト」について書いてみよう。


 シードエフェクトとは、すべての“悪魔憑き”を生み出した存在と言われている、「生命の樹」が用いる特別な能力の総称だ。

 生命の樹もまた、悪魔寄生体を宿した“悪魔憑き”となった植物だが、そこには驚くほど凄まじい力が秘められている。

 伝説に残る扶桑やユグドラシルなどの神木、神樹が、まさに「生命の樹」ではないかとも言われているほどだ。

 そして生命の樹は、その力を秘めた種子を、産み落とすことがある。

 この種子は、やはり生命体の体内に宿り、「シードエフェクト」と呼ばれる“悪魔憑き”の常識さえ超えた力を発揮することができるのだ。


 例えば《錬成秘奥》「ヘパイトス」というシードエフェクトを使えば、なんと共生武装を生み出すことができる
 《狩猟領域》「ハンティングゾーン」というシードエフェクトならば、半径20km内の普通の人間を精神支配状態にして、異常な状況を気づかせない――など。

 まさにゲーム環境そのものに影響を及ぼす効果も多数存在しているのだ。

 このシードエフェクトが、どういう意図で上級ルールブックに掲載されているのか。
 それはずばり、GMがゲームを演出する際、より幅広くさまざまな状況を生み出せるようにしたい、というもの。

 とんでもなく強力なボスや、不可思議な現象を、シナリオレベルで補強するためのルール。
 それがシードエフェクトなのだ。

 上級ルールブック付属のシナリオも、シードエフェクトを演出に加えたものなので、参考になるんじゃないだろうか。

 GMに慣れてきた人は、ぜひシナリオにシードエフェクトを組み込んで、あっと驚く展開を演出してほしい。
PR
TRACKBACK
TRACKBACK URL
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]
"グループSNE" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.