忍者ブログ
グループSNEのオリジナルTRPG「デモンパラサイト」、そして新作「パラサイトブラッド」についてのあれこれ。
1 2 3 4 5 6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

剣姫照魔伝 そもそものはじまりの巻  書いた人:友野詳


 
うわははははははははははははははははははは!!

 ……引いてない?
 あ、どうも。ご存知の方はご存知の男。
 グループSNE最古参組(……いつのまにかなっちゃったなあ)の一人、友野詳でございます。
 ふだんはシルバーレインとかゲヘナとかガープスとかのお仕事をしておるのですが、このたび『デモンパラサイト異聞 鬼御魂』のリプレイを書くことになりました。
 なりましたっちゅーか、もう書いたんですが。
 なんで、私が、唐突に鬼御魂のリプレイを書いたのか? という疑問をお持ちの方もございましょう。
 ということで、そのへんについて、つらつらお話をさせていたただこうかと思います。

 ことの起こりは、酒宴でございまして。
 とある日。
 それぞれ別件で、グループSNEの事務所において長時間の打ち合わせを行った後、合流して居酒屋に繰り出した我々、いつものごとく痛飲していたのでございます。

「せやからな、TRPGをもっと広めるためにはや……」
「……という話はシナリオソースに使えるんではないかと」
「なにぃ、あの映画を見ずに青龍拳士ができるかーっ」
「友野さん、エローい」


 だいたい、飲みに行って話すことといえば仕事の話なのであります。
 グループSNEのメンバー、ほぼ全員、仕事中毒なのです。
 単なるゲームジャンキーという見方もできますが。
 なに、ほかの見方などないですと!?
 はっはっは、そんな、あなたはとっても正直者。
 さておいて。

ほんでやのう、力造よ
なんでしょうか、叔父貴


 鬼御魂のデザイナー、力造は酔っ払うと、私を叔父貴と呼ぶのございます。
 彼の風貌(目つき悪い、痩身筋肉質、丸坊主)で、こういう言葉遣いをされると、どうもあらぬ誤解を招きそうなんですが。
 幸い、私が、平凡で小市民な見かけなので心配はないわけで。
 んな余計な話はさておいて。さておいてばかりだな友野。

わしゃあ、鬼御魂の企画を最初に聞いたとき、てっきり時代ものが遊べると思うたんじゃ。けど、出たんを見たら現代もんじゃったけえのう

 微妙に『仁義なき戦い』菅原文太の物まねが入ってしまうワタクシです。なに、ネタが古い? うーん、これが二十代前半のイケメンだったら昭和を語ってもお仕事になるのにねえ、半田健人ですとかさあ。
 話を戻しますが、かくいうてずいとせまるワタクシに、力造、一歩もひかず。

は。時代ものってのも考えたんですが。やはり最初はデモンパラサイトとのつながりを重視したほうがよかろうと、北沢さんにもアドバイスをいただきまして

うん。それはよい。それは間違ってない。しかし、次はちゃぁんと時代劇をやれるんじゃろうなあ。いや、チャンバラとは言わん、忍法帖とも言わん。むしろ、それ以外のいろんな時代を楽しむゲームにできるんと違うのか。それでこそ、さらにあの和風テイストが生きるのではないのか

応仁の乱やりましょう、応仁の乱

 いきなり乱入してきたのが、担当編集刈谷圭司
 続いてデモンパラサイト班リーダー北沢慶が。

いやー、明治とかどうかなあ
いっそ大正あたりでだね。シベリア出兵を背景に、世界の覚醒者が雪原につどうという
ぬふう。わしゃあ、奈良時代とかやりたいですのう。大和朝廷対蝦夷とかどうですかな
王道ですよ、幕末!
戦国を忘れてもらってはっ!


 次々に参集する、SNEメンバー。どんどんと酒量もアップ友野詳。

やれやれ、やったれい。その時ぁ、わしがリプレイ書いたる。ちゅうか、むしろ書かせたれい! ……すいませーん、生ビールもう1つー!

 ……という会話をかわした数週間後。
 電話をもらいました。刈谷くんから。

……あの、友野さん。例の時代劇鬼御魂ですが。企画が通りました

 サプリメント+リプレイという形で出せる、とのことです。
 やったぜ!
 あれ? やったぜはいいけれど……す、スケジュールは? (カレンダーを見て青ざめる)
 いやいやいや。
 たとえ酒の席であっても、仕事に関しては本気しか口にしないこの友野詳でございます。
 あらためて、いかなる時代を舞台にするかを、北沢&力造&田中公侍らとがっつり相談をばいたすわけです。

……では、源平で
……つまりは鎌倉で
討魔伝をやっていいわけですね! ひゃっほうひゃっほう!
落ち着け、力造

 かくて『源平鬼御魂』の企画ががスタートしたわけです

 この続きは、また次回。

PR

『DMO! DMO!!』  書いた人:片山泰宏

 皆さん、お久しぶりです。
 片山でございます。

 現在、でもんぱ班は新しいサプリメント製作の最中! 新データやエネミーの作成などのテストと修正を繰り返しています。

 今回のサプリメントの目玉は、さまざまな悪魔憑きの力を秘めた「ミュータント」と、肉体を機械化させ、悪魔憑きに匹敵する戦闘能力を誇る「サイボーグ」です!

「ミュータント」は、今までに登場した”悪魔憑き”の特殊能力を部分的に取得し、「ぼくのかんがえたさいきょうのあくまつき」を作成することができます(笑)。
 そして、「サイボーグ」『ディアボロス・ユニオン』で登場した「AAS」こと「アーマードアサルトスーツ」と同じように、身体を機械化によって取得した特殊兵装の機能を停止させることで、加速能力を得ることができます!
 いずれ、ここで詳しくレポートする予定ですので、乞うご期待くださいね!

 さて、その新サプリメントを製作中のことです。
 片山が作ったデータの中に、こんな誤植がありました。

blog.jpg

 ェェエエ工工エエェェ――


 なぜか……要所要所が「エエエ」の文字に変わってしまっていました。
 いや、単純に印刷の際の文字化けなんですけど、なんか面白かったので掲載してみました(笑)。
 もちろん修正しておきますので、ご安心を。

 ちなみに我らがアニキ、北沢慶が作ったキャラは……

北沢「(サイコロを振り終えて)おおう。これ、最強のキャラクターじゃね?」
片山「どれどれ……って、なんで追加される衝動の枠が5点もあるんですか!?」
北沢「HAHAHA、なんだいベイビー。知らないのかい? 『デモンパラサイト』は能力値が1以下(つまり低い)だと、衝動枠が増えるんじゃよ?」
片山「いや知ってますけど……なんで1以下の能力値が5つもあるのかと言いたいのです。押忍」
北沢「……涙で前が見えんのう(泣)」

 こんなキャラメイクをよそに、黙々とお誕生日席で自らの資料を眺めるのは今回のテストのGM役、大井雄紀

 ……いや、
 人は彼をこうとも呼ぶ!
 D・M・O(Death Master Ooi)と!!
 
大井「んじゃ、始めますかー。こっちは3LVヴォージェ(※1)と剛龍(※2)のコンビで。剛龍がヴォージェを庇って、ヴォージェが殴り倒しますよー♪」

 DMO!

力造「チィッッ、出やがった! DMOの無茶振りエネミー!!」
片山「しょ、初期作成(1LV)相手にぶつける相手じゃねぇぇぇ!!」

 DMO!!

北沢「HAHAHA! 任せなボーイ! オレのこのほとばしる追加の『衝動』を使って(ころころ)……あおおおう! 致命的失敗した!
力造片山「あ、アニィ――!!」
大井「ちねー♪」

 D・M・O――!!

 今回は戦闘データを見るため、ひたすら戦い続けるテスト……の予定だったのですが、3戦目であえなくPC側が――壊・滅!!
 一度検討に入ることになりました。
 結論としては、悪魔憑きもさることながら、敵に回った「AAS」超強ェ。
 新しく作られたエネミーより、よっぽど手強い相手です……。
 まぁ使い方にもよるのですが、そこはそれ、操るのはDMO。

田中「雄紀ちゃん、あいかわらずドSだねぇ……」
大井「何を仰いますやら。ボクはドMですよ!」

 DMOは何故か、入社当時からMを自称するヘンタ……個性的な男。
 テストプレイに参加していた藤澤さなえ嬢曰く……

藤澤「雄紀ちゃんって、ファッションMだよねー」

 ファッション(見た目)だけがMな男!
 FMO(Fashion・Masochist・Ooi)!!
 
FMO! FMO!!

 ……なんか、ラジオ局みたいになってしまいました。
 そんなわけで、デモンパ班は今日も元気です。

 

※1 ヴォージェ……『デモンパラサイト』基本ルールブックに掲載されているパワー型の悪魔憑き。サプリメントで新しい悪魔憑きが次々登場しているにも関わらず、破壊力最強の座から中々逐われないパワーファイター。今回、エネミーとして悪魔憑きの簡易エネミーデータが掲載予定のため、テストでは〈ヴィシャス〉として登場。

※2 剛龍……サプリメント『ディアボロス・ユニオン』に掲載されている強化外骨格AAS(アーマードアサルトスーツ)のひとつ。AAS自身の基礎能力ともあいまって、かなりタフな上、味方を庇う能力までもっている。上記のヴォージェ同様、エネミーデータとして掲載予定のため、テストでは敵に回ったケースとして登場。

新サプリですよ!  書いた人:片山泰宏


 全国百万のデモンパファンのみなさーん!
 新しいサプリメントが登場しますよー!

 こんにちは! 片山です!
 暑かったり寒かったりと奇妙な季候の中、デモンパ班は新サプリメント『ディアボロス・ユニオンの最終調整に、テストプレイの日々でございます。

 新サプリメント『ディアボロス・ユニオン』の目玉は、なんと言っても警視庁対悪魔課
 これまで事件の情報提供や後始末役として日陰者扱いだった彼ら――人間がついに特殊装甲服『AAS(アーマードアサルトスーツ)を装着して“悪魔憑き”との戦いに身を投じるのです!

 『AAS』は“悪魔憑き”と戦うために最先端技術を駆使して作られたパワードスーツ! 
 これさえ着込めば“悪魔憑き”にだって対抗できる!
 もう「“悪魔憑き”を倒せるのは“悪魔憑き”だけ!」なんて言わせない!!

 ……とはいえ、制作している途中で、人間の弱さが出てくる出てくる。
 ただの人間と“悪魔憑き”の差は――かほどに違うものかと、驚きの日々が続きました。

 そんなある日。
 帰りの電車(奈良行き)を待つ俺は、ホームで友人と電話をしていました。

友人T「なぁ、そろそろ新しいサプリ出来るとか言ってなかったっけ? テスト要るんじゃねーのか?」
片山「まーなぁ……」
友人T「じゃ、次の休みにやろうぜ。よろしくー」
片山「あ、ちょ、おい?」

 ブツッ。ツー、ツー。

片山「……ハイエナめ!」

 で、後日。

片山「力造さーん。そういうわけで、テストできそうなんですけど」
力造「はいよー(原稿を渡して)」
片山「早ッ……あ、ありがとうございます」
力造「……ゆっくりってきてね!!」
片山「ぜ、善処します……」

 そうしてデータを頂いたオレ。
 プレイヤーを集めてさあキャラメイクです。

片山「じゃ、データ渡すんでキャラ作ってくれー」
プレイヤー「お? なんだ『剛龍』とか『紫電』とか。これ、新しい共生生物?」
片山「ちっがーう、それは『AAS』と言ってだな……(以下解説)」
プレイヤー「ほほう……お、外骨格型もあるのか。じゃあせっかくだから俺はこいつを選ぶぜ!」

 というわけで始まったプレイ。
 特殊部隊上がりの警察官たちは、実にノリノリに、悪魔事件を調査していきます。
 途中で出会ったセラフィムの人たちにも、「もう君たちに頼る必要はないんだよ」などと言い放ち、大絶頂で威張りまくり。
 そして、ついに〈ヴィシャス〉と遭遇した警官達! 後方へと押しのけようとするセラフィムの“悪魔憑き”たちにニヤリと笑い、特殊トレーラーへ駆け込んで『AAS』を装着!

AAS装備者「フハハ、毒ガス攻撃! 汚物は消毒じゃー! この毒はのう、悪魔憑きにだけ効く毒でのう……苦しいか! 苦しいかこのバケモノめ、カハハハ!」
悪魔憑き「あのー、この人達の方が危なくないですか?」
片山「きみきみ、一応警察官だからね?」
AAS装備者「いやー、強いなぁ『AAS』。もっと弱いかと思ってた」
片山「さてどうかな……ってわけで〈ヴィシャス〉の攻撃! 半径5m内の敵全てに、特殊ダメージ30点!」
悪魔憑き「あー、ダメだ。暴走!」
AAS装備者「……ちっ、こっちもだ」
片山「待った待った。お前暴走なんて出来ねぇよ※1 ……だって人間だもの」
AAS装備者「ゲ、ゲゲェーッ!? ま、-5点で気絶した!!」
片山「おー、運が良かったのー。-10いくと死ぬからな。気をつけて」
AAS装備者「し、死ぬ……のか」
悪魔憑き「デモンパじゃついぞ聞いたことのない単語だ……(ゴクリ)」
片山「人間だもの」

 などという、人間と“悪魔憑き”との違いを今更に実感してみたり。

AAS装備者「げ、限界点突破した! 誤作動表※2を振って……うげ、「窒息」した! くっ、苦しい! ガスが逆流してきて……ゲホゲホッ! し、死ぬ!」
悪魔憑き「なんか向こうは大変だなぁ……あ、こっちも衝動表で「近くの人間を全力で攻撃」とか出ちゃった。近くって言うと……(ちらり)」
AAS装備者「ギャーー!」

 などと、新旧組み合わさったコンボであわや全滅しかけたり。
 なんでそういう目振るのか。
 結局、なんとか強敵をくだし(今回も追加エネミーは非常にデッドリー。バトルジャンキーは乞うご期待!)、さあお楽しみ、《魔種吸引(キャプチャー)》の時間。

 ――おやおや?
 なんだかAASの人たちが、倒れた〈ヴィシャス〉に銃を向けていますよ?

AAS装備者「とどめだ! フハハ!」
悪魔憑き「ちょ、なにしてんのあんたら?」
AAS装備者「我々のこの銃は、無力化した“悪魔憑き”の体内にある『悪魔寄生体』を24時間眠らせることができるのだ!」
悪魔憑き「へー……で、どうするの?」
AAS装備者「もちろん……逮捕する!!」
悪魔憑き「……ちょっと待ってGM。それ、経験点や特殊能力の魔結晶ってどうなるの?」
片山「……警察側で回収。つまり、他の悪魔憑きには手に入らないってことかな?」
AAS装備者「そーれ、バキューン♪」
悪魔憑き「ちょっと待ってェェェ! 《魔種吸引》してからにしてェェェ!」
AAS装備者「〈ヴィシャス〉になっちゃったヒロインの対処は我々がおこなう! ……逮捕はするけどな!」
悪魔憑き「……もうあなたたち、帰ってくれます?」

 そんなステキなAASライフ。
 今回は省略した、新要素もまだまだあります。
 そして警察に負けじと、セラフィムも専用の「悪魔寄生体」を用意して君たちを待っている!

 発売は6月末。乞うご期待!

(※1:正確には、『AAS』にも似た機能がある。ただし、制限は“悪魔憑き”より厳しい)
(※2:いわゆる『AAS』用の衝動表だ)

歴史はきっと面白い  書いた人:力造

 皆さんこんにちは。
 筋肉痛で苦しむ男、力造でございます。
 
 でもんぱ新サプリメント『鬼御魂』が発売されました。
 デモンパラサイトで現代伝奇を楽しむサプリメントでありながら、それ単体でも遊ぶことができるスタンドアローン……いわば『サプリメント・ルールブック』です!(まんまです。はい)

 というわけで、今回は『鬼御魂』を遊ぶためのシナリオアイデアの出し方についてお話させていただきます。
 シナリオ、それはTRPGを遊ぶ上で、もっとも重要でコストのかかる問題の一つ。
 最近、仕事以外でシナリオを作ることが少くなり、もっぱら公式シナリオを使うオレがいるわけですが……。

 シナリオを作成する上での負担は、アイデアを出すってことに終始するとオレは考えます。
 ならばアイデアの元になるものがあれば、シナリオを作るのも楽なのではないかと考えるわけです。
 その点で考えると、『鬼御魂』は伝奇モノというジャンル上、シナリオを作るためのフックが伝承や神話の中にあり、アイデア出しが比較的容易なのではないでしょうか?

 かつて実在した英雄のお話
 伝承に残される神器や怪異

 歴史上に登場するそれらの存在に「if(もしも)」を投げかけ、皆さんの想像力でアレンジして、オリジナルのシナリオにしてみましょう。
 例えば……

・桃山時代、豊臣秀吉によって陰陽師狩りが行われたらしい
・安土桃山の頃に宣教師によってヨーロッパから運ばれてきた共生武装『聖杯』
・水戸光圀は〈覚醒者〉で、各地で人の生き血を啜って悪事を働く悪徳商人&悪代官〈荒神憑き〉を倒す旅をしていた

 まだまだ枚挙に暇がありませんが、歴史をベースにすると、ほいほいアイデアがわいてくるのが不思議。
 もしも「歴史とかわからないなあ」と思う方は、これを機会に歴史小説なんかを読んでみるのはいかが?
 小説も読める上にアイデアを閃くかもで、一石二鳥ですよ(笑)。

 歴史は面白いです。
 そして、それらをモチーフにしたシナリオも、きっと面白いです。
 皆さん是非とも『鬼御魂』のシナリオ作りに挑戦してみてくださいね!

初めましてのニューカマー  書いた人:片山泰宏

 初めまして!
 新たにデモンパラサイト班としてお仕事させて頂くことになった、片山泰宏と言います。

 同じグループSNEで制作されたロボットバトルTRPG『エムブリオマシンRPG』でワールドデザインなどをさせていただいていましたが、この度こちらにも参加させて頂くことになりました。
 今後ともよろしくお願いします。
 
 さて、ご挨拶はこのくらいで済ませて、そろそろ発売間近の新サプリメント
『デモンパラサイト異聞 鬼御魂(以下『鬼御魂』)』の話でも。

 『鬼御魂』はそれ一冊でも楽しめる、独立型サプリメントとして製作された、現代アクション伝奇RPG
 古くから連綿と続く、退魔の力を持った〈覚醒者(アライズ)〉たちと、悪鬼や妖怪と呼ばれてきた〈荒神憑き(ヴィシャス)〉との戦いを描く、これまでとは一風変わった『デモンパラサイト』作品です。

 その『鬼御魂』の制作途中でのこと。
 だいたいデータや掲載するサンプルシナリオが出来た……というところで、その原稿の束をポン、と力造さんから渡されるオレ。

力造「片山ー。ちょっとテストしたいんだ。これで1回、遊んできて」
片山「お、マジッスか!?」
力造「おう、頼むわ(ニヤリ)」

 片山はプライベートでも週2のセッションは欠かさない、もう手の施しようのないTRPG患者。内心ガッツポーズです。
 その時の力造さんの、不敵な笑みの意味も知らずに。

片山「さー、やるぞやるぞー。今回のは、今までのデモンパラサイトとはちょーっと違うからなー」
プレイヤー達「おー!」
片山「この『鬼御魂』というのは……(解説開始)」
プレイヤー達「(片山の説明をてきとーに聞き流しながらデータを見て)おぉ、〈鬼御魂〉って新共生生物か? こいつら強ぇなー! さっさとキャラメイクしよーぜ!」
片山「……ガッデム(ちくしょう)」

 片山も含めて、周りの人間はデモンパラサイトをやりつくしたクドいゲーマー達。
 すぐにデータを読み込んで、ニヤニヤしながらゲーム開始。

 ……その2時間後。

プレイヤー達「ギ、ギヤー! な、なんだこりゃあ!?」
片山「…………(ダラダラと全身イヤな汗)」
プレイヤーA「て、敵強ぇぇぇ!」
プレイヤーB「ちょっと待て、こっちの火力は前(従来の悪魔寄生体)より明らかに高いのに!?」
プレイヤーC「ヒ、《肉体修復(ヒーリング)》はどこだぁぁぁ!?」

 『鬼御魂』のバランスはちょっぴり過激。PCもエネミー達も、火力重視の前のめり仕様。転ばぬ先の杖であるところの《肉体修復》も綺麗さっぱりカット。 その代わり〈奇魂〉というプレイヤーを強化する特別な武器が初めから装備されていたりして、攻撃力が高いのなんの。
 GMやってる片山も初めは「ヤバイ!」と思ったものの、次第に計算されたカツカツ感が段々楽しくなってきて……

片山「け、けけけけけ! みんな死ねぇぇぇ!」
プレイヤー達「ギ、ギヤー! じゃあこっちは暴走じゃあ!」
片山「ギャーー!!」

 結局、初めてということもあり、敵の強さを測り損ねたPCたちは――4人中2人ほど暴走して、ようやく〈荒神憑き〉を屠りましたとさ。
 後日……。

片山「ってなわけで、とんでもねー目に遭いましたよ。いや、遭わせたんですけどね」
力造「お、狙い通りやなぁ。ご苦労さん、カッカッカ!」
片山「バランスかつかつですけど……これでいいんですか?」
力造「かまへんかまへん。戦闘は鉄火場になってナンボ。強い敵ブチ倒した方が盛り上がるやろが?」
片山「……(恐ろしい人だなぁ)そういや、エネミーのデータ作ったの誰でしたっけ?」
力造大井(雄紀)君やなぁ。あれはさすがに気ィ狂っとるわ(注:褒め言葉)。初期作成だと結構危なかったやろ? カッカッカ」
片山「……(でもんぱ班……恐ろしい所に来てしまった)」

 『鬼御魂』はバトルジャンキー大満足の劇薬!
 タイトなバランスなので、用法に注意しながら、ガンガン熱くハードなバトルを楽しんでくださいね!

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]
"グループSNE" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.