忍者ブログ
グループSNEのオリジナルTRPG「デモンパラサイト」、そして新作「パラサイトブラッド」についてのあれこれ。
78 77 76 75 74 73 72 71 70 69 68
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 ではでは、今日も昨日の続き。

今回は悪魔憑きの中でも、特殊攻撃が得意な2体を紹介します。
悪魔憑きといえば、どこかフィジカル(肉体的)なイメージが強いのではないでしょうか。

それって、北沢だけですかね?(^^;)

今回紹介する2体は、そうしたイメージとはいくらか離れた2体です。
まあ、アネラスなんかは、ちょっと色っぽい意味でフィジカルなイメージがあったりしますが(笑)。
どんな特徴があるのか、簡単に見てみましょう。

■フランベルジュ(初出:ディアボロス・ユニオン)
名前の通り、炎の特殊攻撃を得意とする悪魔憑き。
リプレイでは、片山泰宏の描く『異形たちの煉獄』で、天地まつりがサブの悪魔寄生体として活用してました。
とにかく使い勝手のよい特殊能力がそろっていて、攻撃するにも火力十分、防御するにも効果十分という、実に隙のないバランスの持ち主でした。それゆえ、メインでもサブでも優秀な悪魔寄生体だったと言えるでしょう。
そうした特徴は、今回もバッチリ継承。若干特殊能力が変更されたり、差し替えられたりはあるものの、ほとんど変化がないと言ってよい仕様です。地味に、サンダーシールドの効果が「1d+特殊ダメージ」点ダメージ減少だったのが、「1d+特殊防御」になっていたりと、少し使い勝手が変わっていたりはしますけれども(笑)。
使い慣れている人は違和感少なく、これまで扱ったことがない人にも使いやすい、非常に優秀な悪魔寄生体と言えるでしょう。

■アネラス(初出:キネティックノベル)
ある意味、『デモンパラサイト』時代、もっともマイナーな悪魔寄生体が、このアネラスではないでしょうか。
初出は、キネティックノベル版デモンパラサイト。ヒロインの悪魔寄生体がモリオンだったので、黒モリオンとして設定され、デザインされたのがこのアネラスでした。その能力もモリオンをモデルにしつつ、攻撃的なものや邪悪なイメージのものを中心にデザインされています。
ただ、このデータはキネティックノベルのパッケージに同梱されていたものなので、書籍でしか関連作品を手にしていない方には行き渡らず、存在すら知らないユーザーもいたのではないかと心配しております(^^;)。

しかも、そんなレアな存在であるにもかかわらず、「不器用貧乏」「かゆいところに手が届かない」などと、さんざんな評価をいただく微妙な特殊能力の数々(笑)。テストプレイのときにはなかなか優秀だったイメージなのですが、最初に敵役としてデザインし、強めに設定した反動で、テスト後の製品版では少し弱めになってしまったようです。

そんなアネラスも、大幅リニューアル! より邪悪に、より強く、より色っぽい小悪魔系(というか、悪女……?)悪魔憑きとして生まれ変わりました。
汎用性の高さ、というイメージはそのままに、「不器用」なイメージを払拭。防御力を下げたり、移動を阻害したり、一般人を精神支配したりと、悪用すれば悪者一直線な活躍が期待できます。
ぜひ小悪魔っぽくセクシーに活躍してほしいところです(笑)。GMにとっては、悪の女幹部NPCに最適の悪魔寄生体ですね!


というわけで、今回はここまで。
次回はいよいよ最後の2体、「クレインクイン」と新悪魔寄生体「デスサイズ」について語っていきましょう。

ではまた次回!



PR
TRACKBACK
TRACKBACK URL
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]
"グループSNE" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.