忍者ブログ
グループSNEのオリジナルTRPG「デモンパラサイト」、そして新作「パラサイトブラッド」についてのあれこれ。
8 9 10 11 12 13 14 15 16 17
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

初めましてのニューカマー  書いた人:片山泰宏

 初めまして!
 新たにデモンパラサイト班としてお仕事させて頂くことになった、片山泰宏と言います。

 同じグループSNEで制作されたロボットバトルTRPG『エムブリオマシンRPG』でワールドデザインなどをさせていただいていましたが、この度こちらにも参加させて頂くことになりました。
 今後ともよろしくお願いします。
 
 さて、ご挨拶はこのくらいで済ませて、そろそろ発売間近の新サプリメント
『デモンパラサイト異聞 鬼御魂(以下『鬼御魂』)』の話でも。

 『鬼御魂』はそれ一冊でも楽しめる、独立型サプリメントとして製作された、現代アクション伝奇RPG
 古くから連綿と続く、退魔の力を持った〈覚醒者(アライズ)〉たちと、悪鬼や妖怪と呼ばれてきた〈荒神憑き(ヴィシャス)〉との戦いを描く、これまでとは一風変わった『デモンパラサイト』作品です。

 その『鬼御魂』の制作途中でのこと。
 だいたいデータや掲載するサンプルシナリオが出来た……というところで、その原稿の束をポン、と力造さんから渡されるオレ。

力造「片山ー。ちょっとテストしたいんだ。これで1回、遊んできて」
片山「お、マジッスか!?」
力造「おう、頼むわ(ニヤリ)」

 片山はプライベートでも週2のセッションは欠かさない、もう手の施しようのないTRPG患者。内心ガッツポーズです。
 その時の力造さんの、不敵な笑みの意味も知らずに。

片山「さー、やるぞやるぞー。今回のは、今までのデモンパラサイトとはちょーっと違うからなー」
プレイヤー達「おー!」
片山「この『鬼御魂』というのは……(解説開始)」
プレイヤー達「(片山の説明をてきとーに聞き流しながらデータを見て)おぉ、〈鬼御魂〉って新共生生物か? こいつら強ぇなー! さっさとキャラメイクしよーぜ!」
片山「……ガッデム(ちくしょう)」

 片山も含めて、周りの人間はデモンパラサイトをやりつくしたクドいゲーマー達。
 すぐにデータを読み込んで、ニヤニヤしながらゲーム開始。

 ……その2時間後。

プレイヤー達「ギ、ギヤー! な、なんだこりゃあ!?」
片山「…………(ダラダラと全身イヤな汗)」
プレイヤーA「て、敵強ぇぇぇ!」
プレイヤーB「ちょっと待て、こっちの火力は前(従来の悪魔寄生体)より明らかに高いのに!?」
プレイヤーC「ヒ、《肉体修復(ヒーリング)》はどこだぁぁぁ!?」

 『鬼御魂』のバランスはちょっぴり過激。PCもエネミー達も、火力重視の前のめり仕様。転ばぬ先の杖であるところの《肉体修復》も綺麗さっぱりカット。 その代わり〈奇魂〉というプレイヤーを強化する特別な武器が初めから装備されていたりして、攻撃力が高いのなんの。
 GMやってる片山も初めは「ヤバイ!」と思ったものの、次第に計算されたカツカツ感が段々楽しくなってきて……

片山「け、けけけけけ! みんな死ねぇぇぇ!」
プレイヤー達「ギ、ギヤー! じゃあこっちは暴走じゃあ!」
片山「ギャーー!!」

 結局、初めてということもあり、敵の強さを測り損ねたPCたちは――4人中2人ほど暴走して、ようやく〈荒神憑き〉を屠りましたとさ。
 後日……。

片山「ってなわけで、とんでもねー目に遭いましたよ。いや、遭わせたんですけどね」
力造「お、狙い通りやなぁ。ご苦労さん、カッカッカ!」
片山「バランスかつかつですけど……これでいいんですか?」
力造「かまへんかまへん。戦闘は鉄火場になってナンボ。強い敵ブチ倒した方が盛り上がるやろが?」
片山「……(恐ろしい人だなぁ)そういや、エネミーのデータ作ったの誰でしたっけ?」
力造大井(雄紀)君やなぁ。あれはさすがに気ィ狂っとるわ(注:褒め言葉)。初期作成だと結構危なかったやろ? カッカッカ」
片山「……(でもんぱ班……恐ろしい所に来てしまった)」

 『鬼御魂』はバトルジャンキー大満足の劇薬!
 タイトなバランスなので、用法に注意しながら、ガンガン熱くハードなバトルを楽しんでくださいね!

PR

オロシ兄ちゃんに宣伝してもらった③『御剣楓編』  書いた人:河村有木生


 みなさんこんにちは。御剣颪役の河村です。

 三巻発売日が無事であるよう、日々流れ星に祈り続けています。
 早くみなさんに読んでいただきたいのです!
 みなさんからも力造君に励ましの信(中国ではこう書く)を!

 で、また三巻の予告編です。今回は編です。

 SNEの新鋭リプレイライター「藤澤さなえ」さん演じる次女、御剣楓」(みつるぎかえで)――。

 二巻からはらぺこ忍法に目覚め、ノリにノル楓。
 美形になったポッキーとの仲も急接近&フラグをどんどんゲット。
 デートイベントも軽くこなしてCG回収率も100%です。

「今の俺はポッキーじゃない……限定プリッツなんだ!!(注:本編でこんな台詞は言っていません)

 しかし、突然のポッキーの変化に揺れる乙女心。
 そして、そこに意外なところから新たな恋のライバルが。
 乙女心は揺れすぎると予測不能な事を思い知らされるラブセッション。

「お兄ちゃんは楓が幸せならそれでいいよ!!」

 押さえるところを押さえる藤澤さんは一緒にプレイしていると、とても楽です。
 これは、何作ものリプレイを手がける藤澤さんだからこそ出来る事だと思うのです。
 おかげで、みんな安心して暴走できます
 今回はポッキーとの関係にスポットがあてられています。
 ばしばしラブコメロールプレイをこなしていきます。
 乙女チックロールプレイが光る今回のリプレイ。
 そこに藤澤さんの真髄をみて欲しいのです。
 勿論、今回もみんなを支えてくれています。ロールプレイだけでなくゲーム勘もずば抜けている藤澤さん。
 その場の戦況を見極めて的確に動いてくれます。
 そして……今回も全員がピンチの中、士気を盛り上げ大活躍します!!

 そんな、悪魔のようで天使な藤澤さんの活躍が読めるのは『剣神③』だけ!
 皆さん、是非ともご期待下さい!!

オロシ兄ちゃんに宣伝してもらった②『御剣嵐編』   書いた人:河村有木生


 みなさんこんにちは。御剣颪役の河村です。

 剣神二巻、楽んでいただいているでしょうか?
 この間発売されたような気がしているのですが、もうすでに三巻の収録も終了し、発売も間近に迫っていたりします。
 いま凄い勢いで力造君がクオリティアップを図っているはずなので、皆さん力造君に励ましのお便りを!

 さて、三巻の内容気になりますか? 気になるでしょう?

 二巻で活躍しすぎの私は、友人からは三巻で死ぬしかないと言われています。
 詳しくは本編を読んでいただくとして、三巻の内容をちょっとだけ。
 いわゆる予告編って奴ですね。

 今回は嵐兄ちゃん編です。

 有名リプレイヤー田中天さん演じるワイルド傭兵兄ちゃん御剣嵐」(みつるぎあらし)――ご存知必殺の瞳術で相手を射抜く、御剣家の長男。

『忍法なんて関係ない。俺には一万と二千年前から受け継がれし力があるから』

 突如、謎の力に覚醒。伏線なのか? それとも気まぐれなのか?
 名前の通り嵐を呼ぶ本編関係なしアクション。
 そして、エレンとの大人でラブな展開が。こんなハードボイルドみた事ありません。

「嵐兄ちゃんッッ、いいのか!? それでいいのんか!?」

 遂にエンジン全開! 田中天さんのスーパーロールプレイが最高潮に達します。
 天さんは前に出て良し、サポートしても良しの名プレイヤーです。
 そこらへんに関しては、私が語るより皆さんのほうがご存知ですよね。
 ほぼ、初対面ではじまった『剣神』リプレイ。
 はじめて同士のTRPGはお互い手探りになってしまうものです。
 そんな中で率先して引っ張ってくれたのが天さんです。
 まさに、御剣家の長男です。

 今回は、初っ端から飛ばしはじめた天さん。実際のプレイで腹がよじれるくらい笑ったのは久しぶりです。
 「リアルでボー○ボといるみたいです」と思わず天さんに言ってしまいました。
 某少年誌で連載していた漫画の主人公を彷彿とさせる、そのプレイはみんなを爆笑の渦に包んでいました。
 
 この衝撃を、是非三巻で体感してくださいね。

オロシ兄ちゃんに宣伝してもらった①『御剣凪編』  書いた人:河村有木生

 みなさんこんにちは。
 御剣颪役の河村です。
  今回は力造くんに頼まれて、『剣神』シリーズのことを、ブログに書くことになりました。
 しばらくの間、連続して書くことになると思いますが、どうぞよろしくお願いします。

 さて、異常気象で毎年、気温や天気がまったく読めなくなってくる地球。
 そんな環境の変化にもめげずに、『剣神』リプレイ三巻の完成度を高めている力造君。
 今からでも、遅くないので一巻、二巻の感想を送ってあげてください。
 きっと、それは新たな力になるはずです。
 そんなわけで、今回は明坂さんとキャラクターであるの紹介をメインに、三巻の予告編です。

 明坂聡美さん演じる主人公、御剣凪」(みつるぎなぎ)

 やっぱり主役は凪しかいません。
 御剣家の天然最強兵器。戦う相手に容赦はしない。
 家族の敵は僕の敵。僕の敵は僕の敵。
 GMのヤンデレプレイも天然ロールプレイであっさりかわし、沙織との仲も急接近。
 もう、二人の前には何も障害がないと思われた。
 その時、意外な人物が現れ物語は急展開。
 凪は沙織と幸せになれるのでしょうか?

 ”華がある”とは明坂さんの様な人を言うのでしょう。物語が佳境へ向かうほど、演技の冴えは増していきます。
 思わず、「明坂さん恐ろしい子……ッ!」と舞台袖で白目を剥いてしまいそうになります。
 明坂さんの中で、凪は沙織といるのが普通で大切な存在なんだというのがロールプレイが伝わってくるんですよね。
 プロの声優さんだから当たり前なのでしょうけど、そういう感情の機微を表現できるのって凄いと思うのです。本当に感動してしまいます。
 明坂さんはゲームが大好きらしく本当に楽しそうに遊びます。
 TRPGを楽しそうに遊んでくれると嬉しいですね。特に戦闘シーンでは喜々としてサイコロを振っています。
 嬉しそうに「経験値! 経験値!」とはしゃぐ姿をみると立派な(?)TRPGユーザーを彷彿とさせます。
 私と一緒に舞台袖で白目を剥きたい方は、是非三巻を読んで一緒に言いましょう。

 「明坂さん……恐ろしい子ッ!」

 三巻発売のおりには、きっと紫の薔薇があなたの元に届くでしょう(嘘です。ごめんなさい)。

あけましておめでとうございます!   書いた人:北沢慶

 もう1月も末になってから「あけまして」もあったものではありませんが、みなさん新年おめでとうございます。

 年末は比較的のんびり過ごしていたのですが、その反動とばかりに年があけてからというもの、凄まじいばかりの忙しさに襲われ、ブログにまで手が回っていませんでした。
 毎日更新している藤澤さんを見習わねばなりませんね(苦笑)。

 おかげさまで、2007年は無事小説シリーズもスタートでき、好評をいただいております。力造くんのリプレイ新シリーズ「剣神」も絶好調。そして待望のキネティックノベルも発売されて、本当に充実した1年でした。

 もちろん、2008年もデモンパラサイトはがんばりますよ!
 さっそく2月には、長編小説第4巻が登場。力造くんの「剣神3」も同時に発売されます。こちらもクライマックス! ご期待ください。

 新サプリメントも、3月発売を目指して現在最終調整段階。今度は伝奇をテーマに一風変わったデモンパラサイトをお届けします。

 その他、今年はいろいろ企画を練っています。R&Rでもリプレイシナリオルールサポートをどんどん展開していきますし、イラストレーターセッションもまたやりたいなーと画策中(笑)。みなさんの応援次第では、また実現できるかもしれません。

 今年もどうか、応援のほどよろしくお願いします!

カレンダー
03 2019/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]
"グループSNE" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.